転勤族のモノ選び~こういう基準で選べばよい~

3月は出会いと別れの季節。

そして転勤族は引っ越しシーズン!

転勤族に生まれ育ち、転勤族の主人と出会った私は、家族帯同の引っ越しを8回経験しています。

独身者の引っ越しよりも家族帯同のお家丸ごと引っ越しは大変!

経験者の私基準のモノの選び方です。

転勤族が、モノを選ぶ際に注意する4つのポイント

①大きな家具を持たない

今の家基準で家具をそろえてしまうと、引っ越し後に家具に占領された家になる!なんていうことも。
特に子供が小さい&部屋が狭い場合は、家具があると動けるスペースがなくなってしまいます。
基本的に大きな家具は持たないで暮らします。
我が家も、転勤が落ち着くまではベッド、ソファは無しで暮らしていました。
子供も小さかったので、ベッドではなく布団の方が落下の危険もなく安心です。また、昼間布団を畳めば遊ぶスペースも広がります。

 

②衣装ケース引き出しは3段セットなどではなく1段ずつのモノを選ぶ

引っ越す度に配置場所が変わる家具や引き出し。
1段ずつの引き出しはセットのものより割高ですが、配置換えが簡単です。
引っ越し先の間取りに合わせて、5段にしたり、3段にしたり、フレキシブルに使えます。

 

 

③引き出しの奥行きに注意!

引き出しの奥行きにもいくつかあります。
迷ったら、押入れサイズではなくクローゼットサイズを購入するのがおススメ。
クローゼットサイズの方が奥行がないんです。
押入れサイズの引き出し・・・押入れ〇 クローゼット×(入らない)
クローゼットサイズの引き出し・・・押入れ〇 クローゼット〇
どちらにも入るクローゼットサイズを選択しておくと対応できます。
もし、押入れにクローゼットサイズの引き出しを置くことになったら、奥は季節家電などを収納します。

 

④衣類収納を増やしたいならスチールラック

エレクター社HPより
衣類収納が足りなければスチールラックで増やします。
スチールラックは衣類収納だけではなく、パーツを追加すれば、リビングやキッチン、パソコンデスクやプリンタワゴンなどにも使えるんですよ。
将来別の用途でも使いまわせます。

 

我が家の買ってよかった家具

無印良品の家具

ステンレスユニットシェルフ オーク材棚セット

現在はランドセルの収納になっていますが、

最初は賃貸のキッチンカウンター→

リビング収納→

おもちゃ収納→

そしてランドセルや学用品の収納へと変わっています。

無印良品の引き出しを棚に設置し、利用した時期もあります。

無印良品のものはシンプルなので使いまわしがききます。

またモジュールが統一されているので、無印良品の引き出しやボックスファイルなどを活用するとピッタリの収納が作れます。

 

カラーボックス

こちらも、用途が限られずに使えます。
沢山揃えても、お値段も良心的、組み立ても簡単です。

ただし、各社サイズが少しずつ違うので、できれば同じメーカーのもの、同じ色で統一した方がよいです。

そうすると引っ越し先で別々の部屋で使うことになっても、また新たに組み合わせてもうまくいきますよ。

まとめ

  • 用途が多く、部屋が変わっても対応できるもの
  • コンパクトで収納しやすいもの

を選ぶとよいです。

 

そして何よりも大事なことはモノを定期的に見直してモノの総量を増やさないようにすることです。
引っ越しが多いからこそなるべくシンプルな暮らしを維持したいです。

 

いつも応援クリックありがとうございます。


にほんブログ村

***************************

☆お片付けサービス☆
■個人宅並びに法人(店舗・事務所)整理収納サービス
■個人・法人 書類ファイリングアドバイスサービス

☆整理収納アドバイザー2級認定講座☆
一日で資格のとれる講座です。
お仕事のキャリア+αにも。
日程:4月27日(金)
場所:京急蒲田/大田区産業プラザPIO

 

“転勤族のモノ選び~こういう基準で選べばよい~” への1件の返信

コメントを残す