【インテリア性と加湿性を備える電気ストーブ】

「片付けできなくなった=収納崩壊」を克服した 東京の整理収納アドバイザー Natsue です^^

初めましての方には自己紹介を (私が整理収納アドバイザーになった理由)

補助暖房器具を購入しました。

電気ストーブを選んだ理由

転勤族で、何度も引っ越しを繰り返し感じたこと。

マンションは暖かい!

現在の我が家の住まいは、マンションで、角部屋、そして床暖房なしなのですが、それでも、一軒家とは全く違います^^。

外から帰ってくると、暖かい~

こたつを処分してからは、エアコンとホットカーペットで過ごしています。

でも実際は、ホットカーペットはほぼ使用していないです(笑)

あ、冬用のふかふかラグにはしています。

ふかふかラグと、冬用毛布、そして無印の人をだめにするクッションでゴロゴロ~(=^・^=)←よく娘がやっています。

でも、ずーっと家にいる日や、雪が降るぐらい寒い日はやっぱりエアコンだけじゃ寒い💦

暖房にしていても、直接エアコンの風があたると寒いですしね。

しかし、電気カーペットは家事をするたびにしょっちゅう席を立つ母には不向き。

というわけで、補助暖房を探していました。

エアコンで乾燥するので、ファンヒーターは×。

こたつは、皆廃人になってしまうので×。

選んだのはプラスマイナスゼロの電気ストーブ

空気も汚れず、直接暖がとれるというメリット。

遠赤外線加工された石英管が3本のストーブです。

遠赤外線は体の芯からあたたまるそうです。

石英管が2本のバージョンもあります。

小さいストーブは子供部屋や洗面所などに最適✨

電気ストーブは、必要な本数だけつけて暖かさを調整することが可能。

ストーブ

そして、こちらのストーブは、なんと加湿機能付きなんです。

スイッチを入れると、左上のほうから、うっすら湯気が出てきます。

これ一台で、大きな空間の加湿がすべてできるわけではありませんが、

一応加湿しているという気分が大事。(笑)

水が熱せらせて「コポコポ」という音がするのも安らぎます。

転倒オフスイッチ機能もついています。

朝起きてすぐに電気ストーブをつければ、あたたかくなるまで、数秒。

寒い中着替えなくてすみますね。

また、主婦は朝起きてすぐキッチンに向かい朝食準備が始まりますが、冬の早朝キッチンも結構寒いですよね。

部屋全体があたたまるのも時間がかかります。

しかし、キッチンで、この電気ストーブのスイッチを入れておけば、速攻で暖かくなります。

コンパクトで軽いから、移動もラクラク。

この冬、大活躍しそうです。

***************************

■インスタグラムやっています♪
フォローはお気軽にどうぞ

インスタグラムspaceplus2017

楽天ルーム