【捨てる罪悪感から抜け出せない方へ】

「片付けできなくなった=収納崩壊」を克服した 東京の整理収納アドバイザー Natsue です^^

初めましての方には自己紹介を (私が整理収納アドバイザーになった理由)

片付けは捨てる罪悪感から抜け出すこと

 

片付けの一歩

書類整理

モノがとにかく多くて片付かない

と思っているのに片づけられない理由はなんでしょう?

最初は片付けよう!と思っても

だんだんめんどくさくなってくる

まぁいいや、とあきらめる

無理だ!絶望

ここまでくると、他人の手を借りるというHELPを呼ぶのも一つの方法です。

モノが多いなら、モノを減らすのが片付けの第一歩なんです。

でも、モノが減らせない。

それは捨てる罪悪感から離れられないから。

捨てる=まだ使えるのにもったいない

になってしまっているんですね。

しかし、あふれるモノに囲まれて、身動きがとれなくなっているこの環境、使いこなせていないモノたち・・・。

こんな環境で過ごしている自分が、かわいそう。

そんな場所はあなたにはふさわしくない、と思います。

 

モノを減らす具体的な方法

【食器を減らす方法の具体例】

広いスペースに、食器棚から食器を全部出してみます。

似たような種類、似たような大きさの食器がたくさんありませんか?

まずは、種類を減らしていきます。

同じ用途に使える食器はどちらか1種類に。

使えるモノではなく、自分が使いたいモノを残します。

次に、数を減らしていきます。

昔は大家族だった、来客が多かったおうちほど、食器がたくさん。

今の暮らしには多すぎるのです。

今の暮らしに必要な数は何枚ですか?

人が来るときもあるから・・・・

来客があったって大丈夫。

必ずお揃いの食器じゃなくてもいいじゃない。

家族用と来客用を出してもいいし、大きさが違ってもいい。

代用できるお皿はたくさんありますよ。

むしろ奥にしまい込んでいるモノほど必要ありませんし、いざというときに出してきて使うことがありません。

見えてないモノは、景色となって忘れているから。

片付けできてない人は、その都度、いるかいらないかの判断の先送りをしているだけです。

気づいたときが、片付けのチャンス。

まずは一つの棚から始めてください。

一つの棚がきれいになると、その隣のごちゃごちゃが気になりだす。

その隣をきれいにする

そして部屋全体がきれいになる。

まずは、目の前にあるモノから判断をはじめませんか?

**************************

+サービスメニュー+

■整理収納アドバイザー2級認定講座
日程:11月28日(木)/12月10日(火)/1月28日(火)
場所:京急蒲田
日程:11月18日(月)/12月12日(木)
場所:東池袋
⇒2級認定講座詳細&申込はコチラ☆

■片付け(自宅訪問)サービス
片付けサービス詳細&申込はコチラ☆

■個人事業主 企業様 書類整理収納
⇒書類整理サービス詳細&申込はコチラ☆

■インスタグラムやっています♪
フォローはお気軽にどうぞ

インスタグラムspaceplus2017

■整理収納アドバイザーがおすすめする
収納用品etc

楽天ルーム