【ウチ、断捨離しました 離婚寸前のお家】

「片付けできなくなった=収納崩壊」を克服した 東京の整理収納アドバイザー Natsue です^^

初めましての方には自己紹介を (私が整理収納アドバイザーになった理由)

断捨離は、夫婦問題も解決する!?

 

離婚寸前のお家がどうなるのか?

BS朝日で「ウチ、断捨離しました」という番組が放送されています。

毎回、録画して楽しみにしてみているんですが、

離婚寸前!イライラ妻 VS フワフワ夫

の回、見ていて泣きそうになりました😢

障がいを持った5歳の子と、2歳の子を育てるお母さんは、日々の時間がない。

子育てに振り回されて、気持ちにも余裕がない。

子育て経験者なら、だれでも一度は通る経験です。

 

いつのまにかご主人ともうまくいかなくなっていました・・・。

でも、お母さんは「変わりたい」と思っているんです。

また、楽しく夫婦で笑える日を取り戻したいから、断捨離で人生が変わると聞いたから、断捨離したいと、片付けを始めることにしました。

 

断捨離の3つのコツ

1、毎日少しずつ取り組んで、暖機運転する

時間がないから片付けできない、時間ができたらまとめてやりたいと思っている

これでは、実際に片付けるための時間ができでも、片付けのモチベーションが冷え切ってしまっていてなかなか片付けられない。

毎日少しずつでもいいので、片付けを進めることで、片付けのエンジンをかけ続ける。
 
2、作業の順番を考えず、目の前のものから判断していく

これは1にもリンクしますが、いざ、片付けようと思ったときに、どこから手を付けたらいいのか、あまりのモノの量の多さに行動が止まってしまうことがあります。

しかし、どこから手を付けたらいいか?=どこでもいいんです。

片付けにかける時間が少ないときは特に、考えて立ち止まっていては何もすすみません。

まず、目の前のモノをどうするのか?これは必要なモノなのかを考えるくせを付けることが大切。

すくなくとも、自分の半径50センチにあるモノは、すぐに片付きます。

 

3、迷ったら一番最初の目標を思い出す

片付けを進めていくと、迷いだすことがほとんど。

片付けにも、どんどん進める時と、本当にこれでいいのかな?と止まってしまう時があります。

もし、迷ったら、片付けをしたいと思ったきっかけを思い出してください。

この離婚寸前の夫婦は「健康と安全なお家にする」のが一番の目標でした。

 

離婚寸前の夫婦が出した結論とは

片付けをする前は、奥さんがご主人に対して、小言や指摘しかせず、笑顔も出ず、ギスギスした感じでした。

奥さんも、障がいを持った子&下の子を抱えて、一人で全部背負って頑張っていて、いっぱいいっぱいだったんですよね。

そして、言われ続けるご主人もストレスが溜まり、ますます雰囲気が悪くなる。

それが、片付けを進めていくうちに、お互い少しずつ歩みより始めました。

「家族で子育てしていくという目標を持った一つのチームなんだから、協力しないと」と断捨離のやましたひでこさんに言われて、お互いに思うところがあった様子。

1か月後には、お部屋がスッキリと片付いていました。

しかし、このお部屋は引っ越してきて1年も経っていませんが、引っ越すことにしましたという仰天報告が(*_*)

この夫婦が、生活していく上で不便に感じていたところ、それは引っ越ししないと解決できない問題でした。

夫婦が同じ方向を向いて頑張っていくために引っ越しが必要なら、引っ越すのが得策ですね。

最後には将来の希望が持てる夫婦になりつつありました。

片付けは人生を好転させるのです。

***************************

+サービスメニュー+

■整理収納アドバイザー2級認定講座
日程:10月21日(月)/11月28日(木)/12月10日(火)
場所:京急蒲田
日程:11月18日(月)/12月12日(木)
場所:東池袋
⇒2級認定講座詳細&申込はコチラ☆

■片付け(自宅訪問)サービス
片付けサービス詳細&申込はコチラ☆

■個人事業主 企業様 書類整理収納
⇒書類整理サービス詳細&申込はコチラ☆

■インスタグラムやっています♪
フォローはお気軽にどうぞ

インスタグラムspaceplus2017

■整理収納アドバイザーがおすすめする
収納用品etc

楽天ルーム