【片付け】転勤族の家具選び

東京大田区の整理収納アドバイザー斉藤夏枝です^^

初めましての方には自己紹介を コチラをどうぞ

転勤族の子供として育ち、転勤族の夫と結婚しました。

転勤族の家具選び

家族での引っ越し経験は8回あります。

一人暮らしと違い、家族で暮らしている人の引っ越しってとにかく荷物が多いので大変なんです(-_-;)

また、父の場合は転勤が決まって2週間後には赴任 という結構無理なスケジュール。

夫の場合は、転勤が決まって1か月の余裕があります。

当然夫は仕事の引継ぎなどで忙しいし、先に赴任地へ行ってしまうので、後の対応は妻がやるという図式になります。

引っ越しの手配は、単に荷物をパッキングするというだけではなく、子供関連のお別れ会やら様々な各種手続き、母さんはかなり忙しい!!

その中で引っ越し作業もしなければいけなくなります。

大変だとわかっているから、家具選びには慎重になりました。

今まではこんな感じでした。

 

■ベットではなく布団生活

■学習机はなくリビング学習

■ソファはない

家具を少なくしていたのです。

 

収納家具も引っ越し先によってサイズが変わったりするので

■どこでも手に入るベーシックなもの

■合わないと思えば処分しやすい安いもの

で揃えていました。

具体的には、カラーボックスとか、無印良品のユニットシェルフとか、スチールラック、実家から連れてきた家具など。

また、収納引き出しケースをもし購入するならば、連結タイプものもではなく、割高ですが1個ずつのタイプのものがおススメ!

引っ越し先で、場所によって組み替えることができるからです。

 

でも、転勤族だってインテリアを楽しみたいですよね。

そんな時は、これだけは大好き!と思える家具や照明は購入しました。

今は、転勤も落ち着き(というか単身赴任中です)、家も落ち着いたので、少しずつ家具を買い足しています。

10年以上ソファなし生活。

ソファがうちに来たとき、うれしかったな。

収納家具は処分してしまったものや買い換えたものも多いのですが、この棚は結婚した時に購入して以来、引っ越しの度にずっと連れてきた棚です。

愛着のあるもの、お気に入りのものが少しあれば、満足度はあがります。

それ以外の選ぶ基準は「使いまわしできそうなもの」。

結局シンプルなものに落ち着きます。

収納用品も派手な色や飾りのついた特殊な形のものより、シンプルな白や半透明で四角な形のものが、キッチンや洗面所やリビングなど場所を選ばずどこでも使えます。

引っ越し先や、収納のレイアウトが変わったときにも使いまわししやすいので、一番使いやすいと改めて感じています。

 

***************************

+サービスメニュー+ ■整理収納アドバイザー2級認定講座
片付け方の正しい知識を学ぶ
日程:3月4日(月)/4月22日(月)
場所:京急蒲田
日程:2月19日(火)/3月28日(木)
場所:東池袋
⇒2級認定講座詳細&申込はコチラ☆

住まいるcafe
「子供と一緒にお片付けしたい!
片づけの基本」
片づけできる子供に育てる
日程:2月21日(木)
場所:JR川崎/住まいるcafe川崎
⇒セミナー詳細&申込はコチラ☆

■片付け(整理収納)サービス
我が家にFITしたお片付けをやってほしい!!
⇒片付けサービス詳細&申込はコチラ☆

■インスタグラム始めました♪ ⇒ spaceplus2017

 

■ブログ村テーマ■

収納・片付け

美しい収納&お片づけレッスン♪

イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア

やっぱり好き MUJI 無印良品

シンプルで綺麗な収納&片付け

100円ショップ L O V E

スッキリさせた場所・もの

白が好き!黒が好き!シンプルが好き!