【片付けが失敗する3つの理由】

「片付けできなくなった=収納崩壊」を克服した 東京の整理収納アドバイザー Natsue です^^

初めましての方には自己紹介を (私が整理収納アドバイザーになった理由)

片付けがうまくいかない・・・

そんな方は次の3つのポイントがあてはまりませんか?

片付けがうまくいかない3つの理由

その1 先に収納用品を購入する

雑誌の片付け特集を見て、「あ~素敵!こんな収納用品を使えば片付くんだ^^」

とすぐ収納用品を購入してみる。

実はこれはNG!

収納 おしこめば片付くというのは一時的なもの

収納用品に無理やり詰め込み、見た目が一時的にスッキリしても、モノを取り出すたびにだんだんモノがまたあふれてきます。

その前に考えるのは、今、この部屋にあるものは全部必要??って今一度自分に問いかけること。

生活していけば、今後もモノが増え続けます。

全部のものを持ち続けるのは、スペースと相談しても、正直いって不可能です。

たくさんのモノを持つと、そのモノを持つためのスペースも必要ですし、管理する手間ももかかります。

収納するための収納用品を購入するコストもかかってきます。

自分も常に進化しています。

昔好きだったものから好みが変わることもあるし、仕事が変わったり、進級・進学したら必要なものは都度変わっていきます。

もう一度、見直してモノを減らしてから収納用品を購入しましょう。

その2 判断を先送りにする

とりあえず、使えるからとっておく

これが一番モノが増える原因!!

その1でモノの見直しが必要と伝えましたが、見直して「とりあえず・・・」とそのままにしておく。

これはただ判断を先送りしているだけ。

片付けとは片を付けていくこと。

先送りにしても根本的な解決にはならないし、年老いてから片付けるつもりだとしても、片付けは、かなりの体力と気力が必要なんです。

そして、判断をずっと求められ続けるので、一緒に片付け作業したお客様は毎回、「脳が疲れた💦💦💦」とおっしゃいます。

モノの移動はお手伝いできますが、必要かどうかを判断できるのは持ち主(お客様)本人だけだからです。

できるだけ、定期的に片を付けていきましょう。

その3 目標を決めないまま始めてしまう

「物置になっている部屋を自分の趣味を楽しむ部屋にしたい」

「子供のために子供部屋をつくってあげたい」

「リフォームするために片付けたい」

具体的な目標があれば、人はやる気スイッチが入ります。

反対に、なんとなく「片付けたい」と思っている場合には、なんとなくしか片付きません。

どこまで片付けたいのか、いつまでに完成させたいのか、具体的に決めることがゴールへの近道になります。

まとめ

片付けが失敗しやすい人が陥りやすいポイントを3つあげさせてもらいました。

年末は新年にむけて、気持ちを切り替え、お部屋をきれいにするいいチャンス。

片付けスイッチ入れて、頑張りましょう!!

***************************

+サービスメニュー+

■整理収納アドバイザー2級認定講座
⇒2級認定講座詳細&申込はコチラ☆

■片付け(自宅訪問)サービス
片付けサービス詳細&申込はコチラ☆

■個人/法人 書類 整理収納
⇒書類整理サービス詳細&申込はコチラ☆

■インスタグラムやっています♪
フォローはお気軽にどうぞ

インスタグラムspaceplus2017

楽天ルーム