【片づけ】ができる子供に育てるには

こんばんわ!東京の整理収納アドバイザー斉藤夏枝です^^

子供に片づけをさせたい。

片づけができる子供にしたい。

そんなお母さんへ。

 

 

片づけは小学校で習う

今は小学校の5年生の家庭科で「片づけ」を習います。

私の時代(←いつ?)は片づけなんて習ったことないな~

どんな風に習うかというと・・・

(片付いていないと困ること)
身の回りが整理整頓されていないと、探すのに時間がかかったり、モノにつまづいてケガをしたりします。

(自分でもできること)
生活している場所に目を向け、自分の身の回りのモノのつかいかたや置き方を振り返ります。

 

実際の片づけのやり方

学校の自分の机の中にある「お道具箱」の整理整頓手順が教科書にあります。

①計画を立てます。

②整理します。(必要なモノと必要でないモノに分けます)

③整頓します。(使いやすい場所、取り出しやすいよう工夫してモノの置き場所をきめていきます)

④見直し、整理を続けます。

 

子供が「片づけ」を学ぶとなぜ良いか?

■考える力が付きます・・・自分で今の自分にとって「必要」か「不必要」か考えます。

■決断力がつきます・・・今日何を食べるか、何を着るかから始まって、将来どんな学校に進学するか、どこに就職するか、何を大事にしているのかを自分で決めなければなりません。「自分で決める」という日々の小さなトレーニングから決断力がつきます。

■実行力がつきます・・・必要ないと判断したら、手放すまでしないとモノはなくなりません。
机上の理論だけではなく行動に移すことが「できる力」を育てます。

未来の自分は今の自分の行動が作る

学校にすべてお任せではなく、親が教えれることはどんどん教えていきたいと思っています。

自分もお片付けを学んでみたい方はコチラ↓
☆住まいるcafe
「あなたの片づけられない理由が分かるお片付けの基本レッスン」☆
ミニセミナー&お片付け相談会(ティータイム付)
わけるくんを使ったお片付けワーク。
日程: 7月19日(木)
場所:JR川崎/住まいるcafe川崎

 

 

“【片づけ】ができる子供に育てるには” への1件の返信

コメントを残す