【片づけ】片づけがしたくなる方法

こんばんわ。東京の整理収納アドバイザー斉藤夏枝です^^

片づけをやらなければいけないけれど、やる気が起こらない・・・。

片づけのやる気スイッチを入れる方法を改めて考えてみました。

 

部屋の写真を撮ってみる

自分の部屋の写真を撮ってみて下さい。

普段毎日過ごす場所なので、自分は当たり前だと見慣れてしまっている場所。

雑誌がたまっていても、洗濯物がそのままになっていても、届いた郵便物がテーブルにそのままになっていても・・・散らかった部屋もいつしか当たり前の風景になってしまいがち。

クローゼットの写真を撮るのもおすすめです。

写真というフィルターを通すことで、客観的に見ることができます。

なんだかゴチャゴチャしているな。と感じたら片づけのサイン。

 

ネットや雑誌で素敵なお宅の写真を見る

片付いているお宅の写真を見ると、自分も片づけたくなります。

もしくは、「汚部屋片づけます」といったテレビ番組を見ること。

片づけの後のスッキリ感を疑似体験します。

こんな風になりたい!などと目標になるモノができたり、変化の先を見ると、自分もできそうな気がしますよね。

・・・と、ここまでは気持ちの問題。

側坐核を機能させてやる気スイッチを動かしてみる

片づけのキホンは全部出して→必要なモノだけを残し→元に戻す

なんですが、「全部出す」という作業がおっくうに感じる方が大半です。

モノが多い方ならなおさら。

こういう場合は整理収納アドバイザーと一緒にやることをおススメします。

 

しかし、整理収納アドバイザーに頼まないと片づけはできない?そんなことはありません。

片づけのやる気が出ない・・・どうしたらいいの?

その答えは「実際に行動する」です。

脳の真ん中に側坐核という器官があって、これがやる気スイッチをつかさどっていると言われています。

側坐核は動き出すことで機能を果たすと言われています。

たった5分でも良いので、片づけ始めてみること、動き出すこと、これが重要です。

 

やる気スイッチを起こす具体的な行動

まずは、クローゼットもしくは引き出しを開けて、「これはもう要らないな」と思えるモノを一つでいいので抜き出します。

この方法だと、沢山のモノを減らすことは難しいのですが、着替えついでにやろう!や、30分だけ時間が取れるからやろう!といった場合に効果的です。

沢山モノがあるうちのたった一つか二つ減らしたって意味がない。

そう思いますか?

それは違います。

一つ二つ減らすのは、片づけのきっかけを作ること。

それがきっかけになって、もっとモノを減らそう!一気に片づけよう!となるかもしれません。

片づけのやる気スイッチです。

また、スキマ時間で毎回モノを見直し、少しずつでも不要なモノを抜き出すことで、少しずつでも家の中のモノが減っていきます。

とにかく手を動かし始めることが大事。

いくら 片づけの本を読んだって、やる気が出ないかな~とゴロゴロしたっていつまでも家は片付きません。

3連休最終日。

まずはクローゼットの扉を開けて自分のワードロープを見返してみて下さい。

私がクローゼットを見返して、今回手放そうと思った洋服たち。

 

 

 

***************************

+サービスメニュー+ ■整理収納アドバイザー2級認定講座
片付け方の正しい知識を学ぶ
日程:11月8日(木)
場所:京急蒲田
  /大田区産業プラザPIO
⇒2級認定講座詳細&申込はコチラ☆

住まいるcafe
「片づけが苦手な主婦のための
今さら聞けない片づけ入門レッスン」
お片付け入門編&お片付け相談会
日程:10月11日(木)
場所:JR川崎/住まいるcafe川崎
⇒セミナー詳細&申込はコチラ☆

■片付け(整理収納)サービス
我が家にFITしたお片付けをやってほしい!!
⇒片付けサービス詳細&申込はコチラ☆

■インスタグラム始めました♪ ⇒ spaceplus2017


にほんブログ村

 

■ブログ村テーマ■

収納・片付け

美しい収納&お片づけレッスン♪

イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア

やっぱり好き MUJI 無印良品

シンプルで綺麗な収納&片付け

100円ショップ L O V E

スッキリさせた場所・もの

白が好き!黒が好き!シンプルが好き!

 

 

2 Replies to “【片づけ】片づけがしたくなる方法”

コメントは受け付けていません。