年賀状の管理方法

年賀状は何年保管する?

作った年賀状、いただいた年賀状はどのように保管していますか?
我が家の年賀状保管方法をご紹介します。

 

年賀状は何の為なのか今一度考える

年賀状って何のために作ったり、もらったりしているのでしょう?
今、現在の仲が良い方への「昨年はお世話になりました」「今年もよろしくお願いします」はもちろん、めったに会わない方への年に一度の「元気にしていますか?」「元気ですよ~」のご挨拶も兼ねていますよね。

その 近況を知るという目的を考えると、年賀状は何年保管するのが適切でしょうか?

 

年賀状の保管年数

我が家は 3年 と決めています。これは、5年でも2年でも良いと思います。各自で決めてください。ただ、たまたま届かなかった場合(住所変更通知がお互いうまくできていなかった、喪中であったなど)もあると思いますので、複数年保管しておくことをお勧めします。

 

年賀状の保管方法

我が家は本当にざっくりとしか分けていません。年別・人別に分けて輪ゴムでくくる。年賀状を送った人・いただいた人の管理をしているチェックリストも一緒に入れています。それらをまとめて、箱に入れて保管しています。手前に新しい年賀状を置くのがルール。我が家は年賀状が少ないので、この箱で収まります。

側面をテープで貼って製本したり、ジップロックに入れて分類、クリップで分類でもよいでしょう。

結婚しました!や子供が生まれました!など写真入りでいただいたもの、年賀状が力作なものなどはとっておきたいな~と思い、年賀状ファイルを作成したこともありましたが、続きませんでした。お正月と、お年玉抽選、そして、翌年の年賀状作成のために何十枚(多い方は何百枚ですよね)とファイルするのは、我が家には合っていなかったようです。

 

我が家が作った年賀状は

反対に我が家が作って送っている年賀状はきちんと年賀状ファイルに入れて保管しています。

我が家の歴史、そして子供たちの成長の記録でもあります。
デザインも見返して来年の参考にしていますよ。

 

年賀状の廃棄方法

ではお役目が終わった年賀状はどうしますか?
「破棄」です。せっかくいただいた年賀状を破棄するなんて申し訳ない、なんだか罪悪感を感じるという方もいらっしゃるでしょう。しかし、家のスペースには限りがあります。住所などの情報も古くなります。
反対に、自分が送った年賀状を友人が処分していたとしても責めたりしないですよね。プレゼントも同じですが、送り主は「送った」という時点で想いは完結しているんです。(もちろん、ずっと持っていてくれたりするとうれしいですが)
繰り返しになりますが、その年賀状は「お役目が終わっている」モノなんです。ですから、新しい年賀状を整理するタイミングで処分してください。

とはいっても年賀状は個人情報のカタマリですので、単純にゴミ箱に捨てるというのはNGです。
シュレッダーにかけるなどのひと手間かけてください。
我が家の場合は

こんな感じで紙で覆い、ガムテープをぐるぐる巻いて処分しています。

特別にとっておきたい年賀状などはデジタルスキャンで管理するのも手です。あまりにも長く保管しておくと、紙はカビが発生します。

ランキングに参加しています。
いつも応援クリックありがとうございます。
↓↓↓↓↓
 
にほんブログ村

 

コメントを残す