【会社の整理収納】5Sのキホン~5Sで会社が儲かる~

すぐわかる5S

「5S」の徹底なんて言われているけれど、5Sって一体何なの?本当に効果があるの?と疑問に思うことも。

5Sのキホンです。

5Sとは?

整理・整頓・清掃・清潔・躾のこと。
それぞれの頭文字のSが集められて5Sとなりました。

子供の頃に親に教えられて伝えられてきました。
まさに日本文化そのものです。

トヨタ式5Sが有名ですね。工場などの生産管理の手法の一つとして捉えられてきましたが、工場のみならず、オフィス・店舗・研究所・医院・家庭でも活かせる基本の取り組みです。

 

5Sの効果

  • 在庫ゼロ
  • 無駄ゼロ
  • 不良ゼロ
  • 故障ゼロ
  • 停滞ゼロ
  • 災害ゼロ

「すぐ儲かる方法」ではありません。
しかし、必ず数字に繋がってきます。
まずは自社の基盤づくりを。

モノを探すのは仕事ではなく無駄です。

5S活動をすることで、部署を超えて、社内の風通しが良くなった事例もあります。
金銭的にも時間的にもスマートになり、経費が減ることから利益が増大します。
企業の質の向上から顧客満足度の向上、ひいては売り上げにつながります。

 

5Sのやり方

職場の改善担当になった方は、どこから手を付けてよいかわからないことも多々ありますよね。
また、通常業務の合間に進めていかなければならないことも多いです。

①担当者・・・入ったばかりの新人では難しい。企画推進は中堅社員が担当した方がスムーズにいきます。

②推進体制・・・トップ(もしくはNO.2)も巻き込みます。担当者のみが孤軍奮闘、周りは一歩引いて見ている・・・ではうまくいきません。トップの意思で全社員やるべきことなんだという共通認識を持つことが重要です。

③リーダー制・・・職場改善リーダーを決めます。いつまでに、何を実行するか推進計画を立てます。

④周知徹底・・・全社員に向け5Sの教育・啓蒙活動を行います。掲示板・ミーティングなどを活用します。

⑤フォロー・・・定期的に見直します。

 

このように手順を踏むとうまくいく!

①モノの整理はココロの整理、ただ並べ替えるは「整理」にあらず
使っていないモノを抜き出す

不要な原材料・古い材料・賞味期限・消費期限が切れているモノ・古い資料やカタログ・使えなくなった電子機器・前任者の遺産

 

②モノの置き方を決める

誰にでもすぐに見つけられる、使え、戻せる仕組みづくり

看板(ラベル)を作ること
先入れ先出しルールを徹底すること(モノが入ってきたときの置き方が重要)
床に直接置く場合は、置く場所をテープなどで囲み、指定席を作ること(置き場所と通路を明確にする)

 

③啓蒙活動

ポスター、チェック表などを作成する
気を付けてほしい事を貼っておく(「ここに戻す」や「貸出表に記入すること」など)

戻す場所が分からないから放置します。
きちんと整頓されていると、自分が乱さないように、元に戻してくれますが、職場全体が散らかっていると、「適当」に置いてしまいがちです。

 

やらされている5Sでは長続きしません。
人が元に戻したくなるような面白い看板を作ってみる、時間を区切って短時間で終わらすなど、楽しく工夫して5Sができるとよいですね。

【参考文献】

  

いつも応援クリックありがとうございます。



にほんブログ村

もの、ごとさんのブログランキングに参加することになりました。
更新の励みになります。

***************************

☆整理収納アドバイザー2級認定講座☆
一日で資格のとれる講座です。
お仕事のキャリア+αにも。
日程:4月27日(金)
場所:京急蒲田/大田区産業プラザPIO

☆住まいるcafe
「あなたの片づけられない理由が分かるお片付けの基本レッスン」☆
ミニセミナー&お片付け相談会(ティータイム付)
日程:5月28日(月)
場所:JR川崎/住まいるcafe川崎

☆お片付けサービス☆
■個人宅並びに法人(店舗・事務所)整理収納サービス
■個人・法人 書類ファイリングアドバイスサービス

“【会社の整理収納】5Sのキホン~5Sで会社が儲かる~” への1件の返信

コメントを残す